東田 直樹 著「自閉症の僕が跳びはねる理由」レビュー・書評・感想

東田 直樹 著「自閉症の僕が跳びはねる理由」個人的なレビュー・書評・感想です。

自閉症の著者が、自閉症に関連する質問に答える形式で書かれています。

  • 目を見て話さないのはなぜ?
  • 表情が乏しいのはなぜ?
  • 体の挙動がぎこちないのはなぜ?
  • 食べものの好き嫌いが激しいのはなぜ?
  • TPOに合わせた服装は難しいのはなぜ?
  • 電車の時刻表を覚えるのはなぜ?
  • いちばん辛いことは何?

などなど…健常者の人が持つ「自閉症の人への疑問点」に分かりやすく答えています。

難しい専門用語や医学用語は使われておらず、大変理解しやすい言葉で書かれていました。

(小学生が読んでも十分理解できるレベルだと思います。)

自閉症の人の特徴・特性を分かりやすく知ることができる良著でした。

あと、作中の著者のコラムやショートストーリーが面白く、文才を感じさせる素晴らしいものでした。

自閉症の僕が跳びはねる理由 (角川文庫)

中古価格
¥1から
(2019/1/16 15:37時点)

2019年1月にKindle Unlimitedを利用して、この本を読みました。

公式サイト:Amazon Kindle Unlimited

タイトルとURLをコピーしました