山田 真哉 著「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」レビュー・書評・感想

山田 真哉 著「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」の個人的なレビュー・書評・感想です。

会計を、身の周りの事象を例に分かりやすく解説した本で、会計の全体像を把握できます。

  • さおだけ屋が潰れない理由
  • さおだけ屋から考える「利益」「売上」「費用」
  • 節約は「%」ではなく「絶対額」で考えるべき理由
  • ベッドタウンの高級料理店が潰れない理由と「連結」の考え方
  • 在庫があるとなぜ損をするのか
  • 手形や掛の解説
  • スーパーで商品を完売させたら上司に怒られた理由と「機会損失」の考え方
  • 回転率の解説
  • 割り勘の支払いから「キャッシュフロー」を考える

などなど…。

割り勘やスーパー、さおだけ屋、料理店など身近な例を使って会計を解説しています。

難しい専門用語はほとんど使われておらず、会計の優しい入門書として気軽に読めるものでした。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?~身近な疑問からはじめる会計学~ (光文社新書)

2019年1月にKindle Unlimitedを利用して、この本を読みました。

公式サイト:Amazon Kindle Unlimited

仕事・ビジネス
スポンサーリンク
ブックコンパス
タイトルとURLをコピーしました